09 << 2017/10 >> 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
東方好きな大学生が日々の出来事を綴る日記帳
 | admin | home | 
 --.--.-- -- --:--
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
 2005.06.06 Mon 19:37
鳥取県総合体育大会弓道競技の部 
団体女子優勝。

インターハイ出場決定!!

2連覇です!
千葉県まで行きますよ~!
去年はインターハイで優勝して、
全国一位の座を獲得した女子弓道部。
果たして今年はどうなるのか?
とても楽しみです。


男子の方は、残念ながらインターハイに行く事はできませんでした。
でも決して悪い結果では無かったと思います。



大会が終わってから、男子弓道部員に
ドラマみたいな事が起きました。


女子のインターハイ出場が決定したので、
女子は先生の車で学校の道場まで送り届けてもらう事になりました。
男子は2,3年14人全員が汽車での帰りです。

ここからがドラマでした。



※分からない地名が出てくるのは仕様です。

当初は三本松口駅まで歩きそこで汽車に乗り、
米子駅から乗り継いで鳥取駅へ向かう予定でした。

しかし、歩いている途中でスーザン先輩(仮名)が言いました。
以下先輩と後輩のやり取り。

先輩「やばいな、このままだと鈍足の汽車で帰ることになるぞ」
後輩「鈍足だとどれくらい時間かかるんですか?」
先輩「2時間半くらいだな。これだと女子を長く待たせることになる」
後輩「ええっ、やばいじゃないですか!」
先輩「だから今からタクシーを呼ぶ。米子駅まで直行で送ってもらえば、快速の列車が3時45分だからギリギリ間に合うはず」

そしてスーザン先輩は日光会社に電話をかけ、今俺達が居る所までタクシーを呼び出しました。

-2分後-
最初のタクシーが到着(速ッ!)
しかし14人全員が乗り込むのは到底不可能でした。
そこで、タクシーの運転手は言いました。

運転手「14人だったら、5,5,4で乗れ!あとからまだ来るから!急ぎなさい!」

そして最初の5人が乗り込み、駅へ向かいました。

-3分後-
次のタクシーが到着
素早く5人が乗り込みます。
残りは4人となりました。

-3分後-
最後のタクシーが到着
俺含め4人が乗り込み、いざ出発。
しかし呼び出してから既に8分以上経過しており、
快速の汽車に間に合うのは普通なら無理でした。
しかし、普通ではなかったのです。

運ちゃん「チッ…このままだと間に合わん。…飛ばすぞ!!
一同「エッ?」

運ちゃんの台詞と同時に、
ガクンッと一瞬タクシーが動いたと思ったら、
急激にGがかかりました。

タクシーは前を走る乗用車を次々と時速80kmオーバーで追い抜き、
路地裏を国道のように走り抜け
狭い道をのろのろと走る車が前に居ようものなら悪態をつきながら走りました。

そして、快速の汽車が発車する3分前に米子駅に到着!

タクシー代は1520円でした。
同乗していたハードボイルド(仮名)が1500円を渡し、
あと20円を財布から出そうとしていたとき、
運ちゃんは言いました。

運ちゃん「いいから!いいから早く行け!間に合わなくなるぞ!」

ありがとうございます、マジで。
運ちゃんは俺達の間では伝説の男になりました。

そして俺達は改札口へ走ります。
他の男子は既に着いているはずなので、
先輩は先に着いた人に切符を14人分買うようにタクシーの中でケータイで頼んでおきました。

先輩「すいません、14人分の切符を持った弓道部が来ませんでしたか?!」
駅員「いいえ?」
先輩「あいつら、来てないのか!?」

そうなんです。
俺達が最初に駅に到着してしまったんです。
(後2分で発車)
即行で14人分の切符を買った時に、
2番目のタクシーに乗った部員達が来ました。

あと1分で発車してしまうので、
スーザン先輩は今来ている部員に切符と金を渡しました。

先輩「お前ら、先に乗れ!」
2年「先輩はどうするんですか!?」
先輩「俺は残りの奴らを待つ。行け!」
2年「センパァァァァァイ!!」

(ぷぁーん) (発車の合図)
(ぷしゅーっ) (ドアの閉まる音)



と、こんなことがあったわけです。
タクシーの運ちゃんも凄いですし、
スーザン先輩は我らの英雄ですね!
もちろん汽車でのやり取りは、大勢の人々に見られてました(ノ∀`)
スポンサーサイト


女子のインターハイ出場が決定したので、
女子は先生の車で学校の道場まで送り届けてもらう事になりました。
男子は2,3年14人全員が汽車での帰りです。

ここからがドラマでした。



※分からない地名が出てくるのは仕様です。

当初は三本松口駅まで歩きそこで汽車に乗り、
米子駅から乗り継いで鳥取駅へ向かう予定でした。

しかし、歩いている途中でスーザン先輩(仮名)が言いました。
以下先輩と後輩のやり取り。

先輩「やばいな、このままだと鈍足の汽車で帰ることになるぞ」
後輩「鈍足だとどれくらい時間かかるんですか?」
先輩「2時間半くらいだな。これだと女子を長く待たせることになる」
後輩「ええっ、やばいじゃないですか!」
先輩「だから今からタクシーを呼ぶ。米子駅まで直行で送ってもらえば、快速の列車が3時45分だからギリギリ間に合うはず」

そしてスーザン先輩は日光会社に電話をかけ、今俺達が居る所までタクシーを呼び出しました。

-2分後-
最初のタクシーが到着(速ッ!)
しかし14人全員が乗り込むのは到底不可能でした。
そこで、タクシーの運転手は言いました。

運転手「14人だったら、5,5,4で乗れ!あとからまだ来るから!急ぎなさい!」

そして最初の5人が乗り込み、駅へ向かいました。

-3分後-
次のタクシーが到着
素早く5人が乗り込みます。
残りは4人となりました。

-3分後-
最後のタクシーが到着
俺含め4人が乗り込み、いざ出発。
しかし呼び出してから既に8分以上経過しており、
快速の汽車に間に合うのは普通なら無理でした。
しかし、普通ではなかったのです。

運ちゃん「チッ…このままだと間に合わん。…飛ばすぞ!!
一同「エッ?」

運ちゃんの台詞と同時に、
ガクンッと一瞬タクシーが動いたと思ったら、
急激にGがかかりました。

タクシーは前を走る乗用車を次々と時速80kmオーバーで追い抜き、
路地裏を国道のように走り抜け
狭い道をのろのろと走る車が前に居ようものなら悪態をつきながら走りました。

そして、快速の汽車が発車する3分前に米子駅に到着!

タクシー代は1520円でした。
同乗していたハードボイルド(仮名)が1500円を渡し、
あと20円を財布から出そうとしていたとき、
運ちゃんは言いました。

運ちゃん「いいから!いいから早く行け!間に合わなくなるぞ!」

ありがとうございます、マジで。
運ちゃんは俺達の間では伝説の男になりました。

そして俺達は改札口へ走ります。
他の男子は既に着いているはずなので、
先輩は先に着いた人に切符を14人分買うようにタクシーの中でケータイで頼んでおきました。

先輩「すいません、14人分の切符を持った弓道部が来ませんでしたか?!」
駅員「いいえ?」
先輩「あいつら、来てないのか!?」

そうなんです。
俺達が最初に駅に到着してしまったんです。
(後2分で発車)
即行で14人分の切符を買った時に、
2番目のタクシーに乗った部員達が来ました。

あと1分で発車してしまうので、
スーザン先輩は今来ている部員に切符と金を渡しました。

先輩「お前ら、先に乗れ!」
2年「先輩はどうするんですか!?」
先輩「俺は残りの奴らを待つ。行け!」
2年「センパァァァァァイ!!」

(ぷぁーん) (発車の合図)
(ぷしゅーっ) (ドアの閉まる音)



と、こんなことがあったわけです。
タクシーの運ちゃんも凄いですし、
スーザン先輩は我らの英雄ですね!
もちろん汽車でのやり取りは、大勢の人々に見られてました(ノ∀`)
スポンサーサイト
category:【日記】
comment(2) | trackback(0)
<< vsAncientGiant

home

FIドッペルゾーン >>
コメント
 熱いぜオッサンヾ(´ー`)ノ
インハイ出場おめ!
千葉にはDPも来んのか?
俺の地元だし(ノ∀`)
来たらおねぇちゃん居るとこ連れてったる(死
URL | Mavey #-
2005/06/07 10:22 [ 編集 ]
 
千葉応援行くよー
でも会う機会無いと思うw
URL | DarkPocky #-
2005/06/07 22:01 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://anatamowatashimo.blog5.fc2.com/tb.php/113-2121885e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | home | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。