09 << 2017/10 >> 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
東方好きな大学生が日々の出来事を綴る日記帳
 | admin | home | 
 --.--.-- -- --:--
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
 2010.04.29 Thu 10:46
忘れてたー 
結局昨日の日記書いてねえ!
と言ってもネタもなかったんだけど……
今日は祝日ですね。今日から5月11日までず~っと授業がありません。
試験本番が控えてるから休みとは思えないけどね!

よし、今回は思想についてまとめてみよう。

ソクラテス:無知の知 問答法
プラトン:イデア論(理性によってのみ把握することができる事物の本質、理想があると考える)
アリストテレス:イデア論とは逆に現実主義的な思想を説く エイドスとヒュレー
F=ベーコン:「知は力なり」 イドラ 帰納法
ロック:人間の心はタブラ=ラサ(白紙)であり、経験によって後天的に知識や能力を獲得する
デカルト:『方法序説』「我思う、故に我あり」(物心二元論) 良識 演繹法
モンテーニュ:『エセー(随想録)』「私は何を知るか」
パスカル:「人間は考える葦である」人間を偉大と悲惨との中間者と説く
ホッブズ:『リヴァイアサン』「万人の万人に対する闘争」 専制君主制の正当化
ロック:『市民政府二論』抵抗権と革命権を認める 市民革命の正当化
ルソー:『社会契約論』「自然に帰れ」 代議制を批判
カント:『純粋理性批判』 コペルニクス的転回 主観優位
ヘーゲル:弁証法 正と反→合へと止揚する
ベンサム:量的功利主義 快楽計算 最大多数の最大幸福
ミル:質的功利主義 精神的快楽を重視
キルケゴール:『あれか、これか』『死にいたる病』 絶望
ニーチェ:「神は死んだ」神なき実存を求めた 能動的ニヒリズム 超人
ハイデガー:人々は日常をただなんとなく「ひと」(ダス=マン)として過ごしていると指摘
フッサール:現象学 事実そのものの探究 ハイデガーやサルトルに影響を与えた
レヴィ=ストロース:『悲しき熱帯』『野生の思考』 人類社会に共通する普遍的で無意識的な社会の構造を捉えようとした
デューイ:プラグマティズムの大成者
孟子:性善説
旬子:性悪説 社会規範としての礼
老子:無為自然
荘子:万物斉同
王陽明:陽明学を完成 知行合一を説く

日本の思想は出るんだろうか…あまり出題されてるイメージが無いんだけど。
いやそもそも思想自体1問程度しか出ないジャンルなんだけども。
それにしても最もメジャーな人名だけ列挙してもこんなにいるんですねぇ。
試験では近現代の思想家の方が出やすいらしいですが、近現代は苦手だったりする……
何回も見直して覚えるしかないですね。
スポンサーサイト
category:【日記】
comment(0)
<< ね・・・ねたがない!

home

レポート忘れてた >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 | home | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。