09 << 2017/10 >> 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
東方好きな大学生が日々の出来事を綴る日記帳
 | admin | home | 
 --.--.-- -- --:--
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
 2010.06.08 Tue 21:39
二次試験おわり 
体力検査、身体検査も終わり、これであとは結果を待つのみとなりました。
身体検査は特に異常なし。
体力検査も握力が不安だったけど普通に45ありました。
腕曲懸垂も1分間維持できたし。←受験者の約3分の2が途中で脱落してたのは少し驚いた。
シャトルランもMAX65回まで走りきった。
体力面では問題なし。
でもなー。何度でも言うけど色覚がなー……

昨日から色々考えたけど、他の道を探した方がいいように思えてきました。
夢はあきらめたくない、けど変えられないものはどうしようもない。
今更だけど県庁や市役所のやりがいや魅力についてどんなものがあるのか、調べてみることにします。
調べた結果、やりたいと本当に思える仕事だったなら、また新たな目標を目指して走れるかもしれない。
スポンサーサイト
category:【日記】
comment(2)
<< 傷をえぐる悪気ない言葉

home

面接終了 >>
コメント
 
正常であることに越したことは無い。
だから、色覚異常と診断されたら、それだけで不利になるっぽい。

だけど、色覚異常は症状の程度に拘わらず、少しでもその兆候が見られれば、異常と診断される。
だからこそ、「職務遂行に支障のないこと」という曖昧な基準でカバー出来るようになってるらしい。

「日常生活≠職務遂行」だけど、ニアリーイコールではあるんじゃないかなぁ……と無責任なことを言ってみたりw
URL | F #hLG8nJSY
2010/06/11 22:50 [ 編集 ]
 
ん~、でも職務執行はあらゆる状況が考えられるんだよね。
逃げた犯人の車の色とか。紫を青と勘違いしたりね。緑と茶色の境界線とかね。
……まぁ、実際は色以外でも見間違い、記憶違いの例なんていくらでもあるんだけどさ。

実際色覚異常で警察官になれる人はかなり少ない上に、パネルD-15テストでもパスをもらえなかったからたぶんアウトでしょう。
パネルD-15テストでパスした人が警察官になれたって話は1件だけインターネット上で見たんだけどねぇ。
URL | ぽき #-
2010/06/12 02:39 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 | home | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。