09 << 2017/10 >> 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
東方好きな大学生が日々の出来事を綴る日記帳
 | admin | home | 
 --.--.-- -- --:--
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
 2010.07.12 Mon 01:06
やはり再検査か・・・ 
教養試験はかつてない程に簡単でした。38点前後取れるのではないでしょうか。
低く見積もっても7割は取れているはず。なのでこちらの方は全く不安に感じていません。
体力検査も中堅上位の成績でした。
握力が52kgになってたのは我ながらびっくり。先月はかった時は45kgだったのに…
まぁとにかく、この2つで落とされることはあり得ないはずです。

問題はやはり色覚で、今回も再検査をするよう言われました。
検査は前回と同じパネルD-15テスト。
http://www.nig.ac.jp/color/barrierfree/barrierfree1-8.html
パネルD-15テストっていうのはこのページの下にある道具を使ったテストです。

はじめの藍(基本色)に合わせて濃い青から薄い青(3枚)~青緑(=信号色2枚)~くすんだ緑(1枚)~黄緑(1枚)~くすんだ黄色(1枚)~くすんだ橙(1枚)~くすんだ薄い赤から濃いくすんだ赤(2枚)~くすんだ紅(=濃いピンク2枚)~紫(1枚)~青紫(1枚)の色相に並べます(引用元:ぱすてる掲示板)

俺は5番目か6番目あたりで最後の2つを持ってきてしまうタイプです。
青系統から青紫、紫に繋げてしまうんですよね。
で、後が続かなくなります。紫から緑に繋げることに違和感を覚えつつも並べていくと最後は青紫のはずなのに青紫が無い!という事態になります。
5番目付近はほとんど同じ色に見えるのでどれが14,15番目に来る色か判断できません。

ただしこのテストは繰り返すうちに色覚異常でも違いが分かってくるらしく、
時間をかければ正常者と同じように並べることもできるようです。(絶対とはいえない)
というわけで、3日間くらいこのパネルD-15の色をガン見して並べる順番を覚えようと思います。
再検査結果の提出期限が5日後なので悠長な事言ってられませんが…。
訓練することで色合いのパターンが分かるかもしれないなら、その可能性に賭けてみよう。
スポンサーサイト
category:【日記】
comment(0)
<< 検査料たけぇ・・・

home

明日も試験です >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 | home | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。