07 << 2017/08 >> 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
東方好きな大学生が日々の出来事を綴る日記帳
 | admin | home | 
 --.--.-- -- --:--
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
 2006.09.11 Mon 00:22
起床時間 
「明日こそ早起きする」


と昨日の日記の最後に宣言したわけですが、


スイマセン。7時半に起きました_| ̄|○
てかねー、夜中雷の音で目が覚めたんですよー。

ピシャーン!ゴロゴロ……ドォォーーン!
っていう感じで。
窓が雷の音でガタガタ鳴っててうるさかったです。
それでも割とすぐまた寝ちゃったんですけど( ´―`)

久しぶりに夢の見て、しかも内容を覚えてるんで書いてみます。



午前1時。家族は全員寝静まっている中、一人黙々と勉強を続ける俺が居た。
なんで俺寝てないんだろう、と思いつつも勉強し続けているうちに午前7時になり、家族が起きてきた。
「あんたまだ勉強してたの?」
というような事を言われたような気がする。
それからおもむろに勉強道具をしまうと俺は
「智○(昔住んでた所)に行ってくる」
と宣言して朝御飯も食べずに外へ出て、自転車に乗って走り出した。
智○と言えば車で40分以上掛かる所なのに、
なぜ自転車で出かけたのかは謎である。
ずっと走り続け、ついに智○に辿り着いた。
用事は特に無かった。
小学校の頃の知り合いが居ないか探しながら町を走っていると、
なぜか部活の後輩に会った。
「あ、先輩おはようございます」
と言われたからこっちも挨拶しておいた。
どうして部活の後輩が出てきたのかは謎である。



はい、これだけです。別に笑える所なんて全然無いですよ。
夢の世界は何が起こっても不思議じゃないですね。

ついでにもう一つ夢を見たんですが……
あそこまで精神年齢の低い夢を見たのも久しぶりです。



銀座だか池袋だかよく分からないが、夜の都会を一人で歩いている俺がいる。
(実際には銀座や池袋には行った事が無いからどんな風景なのか知りません)
占い屋がどうしようもなく俺の興味を引きつけたのでその占い屋に入っていくと、
怪しげな老婆が水晶玉を手にして待っていた。
「よう来なさった。まぁ座りなされ」
と言われたので素直に座ってみる。
「むむむ……!そなたには何かとてつもない力が秘められている」
「えっ、とてつもない力!?なんですかそれ!?」
ドラゴンボールのようにかめはめ波を撃てるようになるのかと想像をめぐらせていると、
老婆は言った。
「そなたは素晴らしい気の持ち主じゃ。集中力を高めれば、空を飛ぶことなどたやすくできるじゃろう」
「ま、マジですか!?」
このとき異様なくらい興奮していたから寝言でマジですかとか言ってなかったか心配だ。
とにかくそれを聞いた俺は、早速気を集中した。
すると自分の周りに黄色い気が……!
軽く地面を蹴ると、本当に中に浮くことができた。
「うおー!マジで飛べた!おばあさんありがとう!」
と俺は叫んで店の外に飛び出して夜空を思う存分飛び回った。



要するにドラゴンボールみたいに空を飛ぶ夢だったんですよ。
夢診断の本かなんかで見たことがあるんですが、
確か自由に空を飛ぶ夢って

心がポジティブで気力体力が充実している時に見る夢。
つまり吉夢ってことです。

ということは、俺の心は穏やかってわけですねヽ(´ω`)ノ


なんかいつの間にか勝手に夢物語で盛り上がってしまった。
えーと、起床時間の話でしたね。

自覚はしてるんですが、
俺は目を覚ました後にもう少し寝たい
という気持ちの方が勝ってしまうようで、
また目を閉じちゃうんですね。
この気持ちを打ち破るには
何かしなければならないことを作るのが手っ取り早い。
とりあえず、朝勉かな?
それから、どうやって起きるかについて。

いい方法を思いつきました。

1.まず目覚ましが6時に鳴るようにセットする。

2.目覚ましが鳴って、止める

3.止めた後、「うっしゃあああああ!!!」
と叫びながらベッドから飛び起きる

4.その勢いで窓のカーテンを開け、
窓を開けて朝の新鮮な空気を思いっきり吸う

5.その勢いでトイレに行った後に顔を洗い、着替える


完璧だ!(´∀`)我ながら完璧すぎて泣けてくる(ノ∀`;)

よし


決めた


「明日から↑のことを実行する」
スポンサーサイト
category:【日記】
comment(0) | trackback(0)
<< すると言った事はする男、それがDarkPocky

home

時間 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://anatamowatashimo.blog5.fc2.com/tb.php/551-8e337afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | home | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。